愛知から日本を元気に!
結婚式を通じて幸せを広げ、繋げていきたい..

WithYou 奥井 翔永さん

結婚式の司会者の仕事をしている母の影響を受けて

【ウエディングプランナーになったきっかけ】
私は大学時代、理系の大学で太陽光電池の勉強をしていました。
いざ就職活動となった時に、本当にやりたいことは何だろうと考えたのですが、太陽光電池などの理系の仕事に興味が持てず、例えその道に進んだとしてもきっと続けていけないだろうな・・・と思ったんです。

そんな私に結婚式の道へ進む一番のきっかけをくれたのは母です。
母は現役で司会者をしており、毎週仕事から帰ってくるたびに「今日の結婚式はこんなに感動的なことがあったんだよ!」「こんなに面白いことがあったんだよ!」といつもとても嬉しそうに、幸せそうに話してくれていたため、その環境で育った私は、幼い頃から結婚式の仕事の素晴らしさを知っていきました。

そしてもう一つ家庭環境で大きな影響を受けたのが、家族の誕生日に必ず行うサプライズでした。誕生日は一年で一番大切な日。その誕生日のために家族全員が準備をしてサプライズをしてお祝いするのが絶対! そんな家庭で育ち、準備をしているときのワクワク感や楽しさ、相手の驚き、喜ぶ顔を見ることの幸せさを知り、一生に一度の結婚式を新郎新婦や参列されるゲストの皆様のために準備を進め、最高の幸せをお二人と共に創り上げていきたいと感じ、ウエディングプランナーになりました。

母の会社は司会派遣会社で、結婚式のプロデュースは元々行っていなかったのですが、
私が前の会社を退社する際にプロデュースの部署を立ち上げ、今年の4月からwith youに入社しました。


新郎新婦さまによってこだわるポイントは異なります。
会場に属している時は、いらっしゃったお客様は会場が提携しているお花屋さんや、衣装店などに発注を行います。
でも正直なところ、それほど衣装にこだわっていないお客様がいても会社が提携しているからといって費用が高めの衣装店さんにご紹介しなくてはいけないというのはお二人の本当のニーズには合っていないよなと感じていました。

そのため、自分がフリーのウエディングプランナーになり、本当にお二人に合ったご提案がしたいと思い、
現在では、お二人のニーズにあった、本当の想いを引き出し、それを形にしてご提案をした際にさらなる信頼関係が生まれることを感じています。
お二人らしさをしっかり出していきながらプランニングができるという充実感をとても感じています。

あだ名を付けてより親密に

【プランニングするうえでのこだわり】
ポイントとしては、淡々と進めていくのではなく、お二人とどれだけ親密になることができるかということを意識していますね。
初対面でなかなか心の内というのは話せないと思うのですが、なるべくお二人の近くに寄り添えるようなウエディングプランナーになることでお二人の心の内の本当の想いを聞いていくことができると思っています。
最初は二人も気づいていなかった、本当の想いを引き出すようにしています。

私は新郎新婦さまに必ずあだ名を付けています。
最初のカウンセリングでお会いして、まず最初にあだ名を必ず聞いています。あだ名がなかった場合は私が付けます(笑)。
あだ名で呼ぶことで親密度が変わってくるので、私のこともあだ名で呼んでいただいています。

それ以外にもお二人と親密度を上げるために例えば新郎新婦さまが美容師さんだった場合はそのお店に実際に伺って髪を切りに行きます。
結婚式の打ち合わせ以外にもお二人とお会いさせていただくことで距離がギューっと縮まっていくと思うんです。
さらに仕事をしている姿を見ることでお二人の人柄をより知ることもできます。
そういった事で距離を縮めていってお二人の心の内を何でも話していただけるような関係性を築いていくということを大切にしています。

私の中では、いい意味でオン・オフはありません。
結婚式をしている時も打ち合わせをしている時も、ふと我に返ったときに、あれ?仕事をしていたんだっけ?と思うほど楽しくてあっという間です。
それくらい毎回楽しみながら打ち合わせなどを行っています。オン・オフ関係なく、自分が楽しくてワクワクすることをやっているというイメージです。

結婚式に関係することを楽しむことももちろんですが、自身のプライベートな部分も全力で楽しみ、幸せを感じるということも自分の中で大切にしています。
毎日、今日一日の中であった良かったことをメモに残しています。そうすることで小さな幸せも見逃さないようになり、些細なことにも感謝ができるようになり、自分の幸せにつながっていくのです。
そして自分の内面も磨かれ、日々の充実感を感じ、新郎新婦様にポジティブな感情でご提案ができるようになり、「おっくんと話していると元気になる!話していて楽しい!」と言っていただけるようになりました。

講演会によく行くのですが、「言葉の力」という公演を聞いた時に「肯定語」というのを学び、良い、前向きなきれいな言葉は人をより良くしてくれる。人にいい言葉を掛けていくと言葉を掛けた相手もパワーを受け止め気持ち良くなるし、自分もより良く成長していける。普段の何気ない言葉を大切に、新郎新婦のお二人と親密な関係を築き、人が普通では気づかないようなささいなことに気づき、想像を超えるポジティブなご提案をしていくこと。それが僕の使命です。

挙式の最後にはそれぞれの親御さんからもサプライズのお手紙が

【印象に残るプランニング】
「Key WORDS」というコンセプトテーマを持った結婚式です。
「Key WORDS」というのは”Key”と”WORD”という二つの単語に分けることができ、”Key”というのは元々、新郎新婦さまが同じバイト先で、そこで出会ったお二人だったのですが、そこで朝の勤務だった新婦さま、夜の勤務の新郎さまのお二人を出会わせたきっかけはお店の鍵(Key)だったのです。
その鍵を新郎さまが持ち帰ってしまって新婦さまが朝出勤した際に鍵がないことに気づき、新郎さまに電話をしたのがお二人が言葉、”(WORD)を交わすきっかけだったそうです。

二人のストーリーは一つの鍵から始まったというところから”Key”を大切にしていきたいなというのと、お二人が結婚式を行うにあたってゲストに伝えたいことは感謝でした。
感謝の気持ちって言葉にしないと伝わらないんですよね。だから言葉”WORD”を大切に、必ず言葉でゲストに伝えるという結婚式を創る。
「Key WORDS」という形で、鍵(Key)をテーマに、コンセプトとしては” WORD”という言葉で、みなさんに想いを伝えていくということを大切にしました。

「Key」というところから会場はアンティークな雰囲気のグッズを多く使い、「WORD」から言葉を使ってしっかりと感謝を伝える。
新郎新婦さまが想いを伝えたいというのはもちろんあると思うのですが、
想いを伝えたいのは新郎新婦さまだけではなく、お二人のご両親にも想いを伝えたい気持ちはあると思います。
なので、披露宴の最後にある新婦さまのお手紙だけでなく、今回は親御さまにもお手紙をサプライズでご用意していただきました。

挙式の最後に新郎さまのお母さま、新婦さまのお母さまからそれぞれお二人に気持ちを伝えていただきました。
おめでとうという気持ちもあるのですが、「今まで私たちの子供としてしっかりと成長してくれてありがとう」といった気持ちも溢れだしてくるんですよね。

結婚式を行う一日って、一番人が素直になれる日だと思うんです。
今まで言えなかった「ありがとう」だったり、あの時の「ごめんなさい」という気持ちを率直に伝えていただく。みんなが素直になれた一日だったなと感じる結婚式でした。

お二人にはお子様がいらっしゃるので正直、結婚式を諦めていらっしゃいました。
そこで一度ご相談をいただいたのですが、私はお二人に「お子さまがいてもゲストの方に気持ちを伝えることはできるし、みんなにありがとうという気持ちを伝えることもできます。
もちろん当日、お子さまがいらっしゃって大変なこともあるかもしれませんが、そこは全力でサポートさせていただくので、お二人に安心して当日を迎えていただくことができますよ」とお話をさせていただいていたので、当日をお二人は安心して迎えていただき、終わった後には「普段なかなか会えない人にも、きちんと感謝を伝えることができ、お互いの両親にもここまで育ててくれてありがとうと想いを言葉で伝えることができました。結婚式をやって本当に良かったです。」と言っていただけ、本当に嬉しかったですね。

「あなたと共にチームで作り上げます」という想いが込められた会社名

【会社名に込めた想い】
「with you」という言葉には「あなたと共に」という意味があります。You(あなた)とは新郎新婦、ご両親、ゲスト、そして信頼できるウエディングパートナー。すべての皆さんと共に最高の結婚式を創り上げたい。そしてWithYouはForYouを考えます。Youのために何ができるかを考え、Youと共に創り上げていきます。

現在は私がウエディングプロデュースをし、母が司会を行うという形で親子でコラボし、結婚式を創っています。
母と一緒にやるのは今では慣れましたが、最初は何だか授業参観のような気持ちになりましたね。

前職の時も私がプランニングで母が司会として入っていたので、阿吽の呼吸というものはあります。
目線一つで言いたいことがパッと伝わるので、それはより良い結婚式を作るという上でも非常にいい部分です。

また、ウエディングプランナーは若い方が多く、親御さん世代のプランナーってなかなかいらっしゃらないので、
親御さんの本当の気持ちって実際分かりづらい方が多いと思うんですよ。

ですが、私たちのプロデュースの場合は私はもちろん結婚式を挙げる世代のみなさんの気持ちが分かりますし、
親御さまの想いは母が分かるので、どちらの世代の気持ちも大切にしたプランニングができるのは他にはない私たちの強みであると確信しています。

日本を元気をするという夢

【目標や夢について】
日本を元気にするのが私の夢です。大きい夢だとみなさんに言われるのですが、私自身はそう思っていなくて。
先進国の中でも日本は自分の幸福度の割合が45パーセントくらいで極端に低いんですよ。逆にアメリカは80パーセント。
その幸福のエネルギーってとてつもない元気エネルギーだと思うんです。
そのエネルギーをもっと日本人も持ってくれれば日本はもっといい国になるんじゃないかなって思うんです。

その一つのきっかけが結婚式にあるのかなと感じています。

結婚式に参列した時って本当に幸せな気持ちになると思うんですよね。
自然と笑顔が溢れてきたり、涙がこぼれてくる、そういった幸福感を広げていくことによって一人ひとりが自分たちが幸せだと感じ、日本はより元気な国になっていく。それを僕は広げていきたいなと思います。
そして名古屋を元気に、愛知を元気に、日本を元気にしていくのが私たちの仕事だなと思っています。

人の人生を変えていくことができるのが私たちウエディングプランナーという仕事だと思うので、その気持ちを大切にし、日本を元気にするということを夢に、私はウエディングプランナーという志す事をしています。

結婚式は人が一番素直になれる一日
幸せを感じる結婚式を挙げてほしい

【カップルへのメッセージ】
今は様々な事情で結婚式をしない方が非常に増えています。
ですが、結婚式は人が一番素直になれる一日です。こんなに素直になれる一日は、今後生活していく上でもうきっとないと思います。
そんな一日を創りだせるのが結婚式です。40歳、50歳になってから結婚式をしてもいいと私は思っています。
実際、私の祖父母も50年の金婚式の日にもう一度結婚式を行いました。

これから大切にしていくパートナーと愛の誓いを立てるのは何歳になっても遅くはないと思います。
そして結婚式を行って「やらなければよかった」っておっしゃる方に私は出会ったことがありません。結婚式をやってよかったと思われる方が100パーセントです。

・・・結婚式をやりませんか?
  
お二人に合ったウエディングプランナーと出会って結婚式を創っていく。結婚すれば様々な場面に直面します。
そんな時に二人にとって結婚式で得た繋がりや、感じた想いが、乗り越える強さとなり、そして何十年か経った時に「あの結婚式があったから私たちこれまで幸せに暮らして来れたよね」と幸せな気持ちに、これからの支えになれるのが結婚式だと思います。

だから私たちは「結婚式は幸せな未来を約束する大切なセレモニー」だということを伝えたい。それが私がカップルのみなさんに伝えたい想いです。

フォトレポート   Photo Report

所属する会場   Hall Information

/ 愛知県全て

-結婚式は人が一番素直になれる日- ​司会者の母  プランナーの息子 親子で作り上げるウエディングは 親子だからこそ言えなかったこと 親子だからこそ言い合った事 どちらの気持ちも分かるから 想いに寄り添ったウエデイングを一緒に創ります Withyou's Wedding

収容人数 :要相談 | 予算の目安 :要相談 | 挙式スタイル:教会式 / 人前式 / 神前式 / 仏前式

プロフィール   Profile

奥井 翔永さん

ウエディングプランナー歴4年。ウエディングプロデュース会社での勤務を経て、現在はフリーウエディングプランナーとして活躍中。母が司会者として、奥井さん自身はウエディングプランナーとして親子二人三脚で結婚式のプランニングを行っている。
 
休日は様々な講演会に行くことが多く、ブライダルの講演だけでなく、人間力を高めるための講演を聞きに行き、より良い自分になるために自分磨きをしている。お気に入りの曲は、高橋優の『福笑い』。「きっとこの世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う」という歌詞がとても好きとのこと。お気に入りのアイテムは、新郎新婦さまから結婚式が終わった後にいただいたボールペンやネクタイ。ボールペンにあだ名である「おっくん」と彫ってあるボールペンは絆を感じるアイテム。常に肌身離さず持っている。