ブライダル企業インタビュー / 株式会社ノバレーゼ Vol.2

最終更新日: 2021年11月01日

本コラムでは、新型コロナウィルスの影響を受けながらも、今後の未来を見据え、積極的に採用活動を推進している企業で活躍する“人財”にスポットライトを当て、どのような想いで入社をし、現在の担当業務に携わっているのかをインタビューさせて頂きましたので、イキイキとチャレンジしている方の声をお届けさせて頂ければと思います!

今回は、株式会社ノバレーゼのウェディングプランナーとして活躍する高良様にインタビューさせて頂きました!

株式会社ノバレーゼ
横浜モノリス ウェディングプランナー
高良 修司様

◆転職先として、どのような理由でノバレーゼへの入社を決めたのですか?

一次面接を受けた印象から、「こんな方々と一緒に働きたい!」と強く思ったのが大きな理由です。

同時にいくつかの企業の選考を受けていましたが、どこか企業側の都合で進む選考が多かった中、ノバレーゼの選考では、常に求職者目線で、企業の強みも弱みも包み隠さず話をしてくれ、帰り道に「今日、面接をしてきたのか?」と思ってしまうぐらい、自然に自分のことを話すことができた時間でした。

ノバレーゼから一次選考の合格連絡を受けた時に、ここで頑張りたいと自分の中で気持ちが固まるものがあり、他社からもいくつか内定が出ていたのですが、すべて内定を辞退してノバレーゼの最終選考に臨みました。最終選考は、社長面接でもあったため、非常に緊張しながらも楽しめた感覚を今でも覚えています。

振り返ると、入社のひとつのきっかけになったのは、転職エージェントの方に、「ノバレーゼという会社はどうですか?」と紹介を受けたことです。

前職では鞄業界で販売員をしていたこともあり、ハイブランドの販売やコスメの本社勤務ポジション等、これまでの経験を活かせる選択を幅広く考えていた中、ウェディング企業の紹介を受け、親しい友人が10年近くウェディングプランナーとして活躍していたこともあり、興味を持ち始めました。

学生時代を思い返すと、兄弟の結婚式に家族として参列した際、主役の新郎新婦の二人を見るよりも、披露宴を指揮するキャプテンの動きをずっと見ており、これだけ大きなイベントをどんな人がどのように先導しているのかということやイベントの裏側では、どのぐらい多くの方が関わり成り立っているのかに興味がありました。テーマパークのパレードを見る際も、安全確認をするスタッフに注目するような子供でした。

大切な一日や一瞬をみんなで創り出すことが好きだったので、転職の機会を通じて、もう一度、自分の素直な想いに気づき、ノバレーゼへの入社を決めました。

◆これまでを振り返り、成長を実感していることはどのような点ですか?

喜怒哀楽を楽しめるようになったことです。

楽しいときに思いっきり楽しみ、嬉しいときに思いっきり一緒に喜べる仲間がいて、悔しいときにとことん悔しく思えることは、なかなか他の職業ではないことだと思います。

これまでは、あまり感情的になる方ではなかったのですが、ノバレーゼでの仕事を通じて、自分が抱くさまざまな感情に触れられたことも大きいです。

感情表現は、年を重ねるごとに衰えるものだと思っていましたが、年々、感受性が豊かになり、自分自身の素直な気持ちを大切にできているのは、ひとつの成長だと考えています。

所属している店舗では、年下のメンバーが多いですが、年齢の差による壁はなく、学べることはすべて吸収したいと思って働いているので、お互いに切磋琢磨しながら、沢山のことを学べています。
前職の方と会った時に、ひとりの“人”として、魅力的になったと言われる自信があります!

◆今後、どのようなことを目標にされていますか?
今後の目標としては、もっと必要とされる人間になりたいと思っています。

「お客様も高良さんも何か楽しそうですね」と言われるような、明るい雰囲気を自らつくっていける人で在りたいですし、後輩からも上司・先輩からも相談されるような存在になりたいと思っています。

現在、今後の具体的な自身のキャリアプランについては、まだ考えているところではありますが、ノバレーゼには、どう進んでいくかを模索できる楽しさがあります。

前職では、管理職として働いていたのですが、次はエリア責任者になるキャリアステップしかなく、現在のエリア責任者ポジションが空かない限り、自身の次のステップアップはなかったのですが、ノバレーゼでは、自己申告(※)という制度があり、自分の希望をキャリアプランに反映できることは、大きなモチベーションアップにも繋がっています。

【ノバレーゼの挑戦を促す文化:「自己申告制度」】
年1回行われる現在の業務に満足しているか、そしてキャリアステップを図るにあたり、今後の希望業務や部署があるかなどを会社に申告することができる仕組み。
自己申告を受けて人事異動等キャリア開発に繋げている。

*詳しくはこちらから:https://www.novarese.co.jp/philosophy/

◆高良さんが感じる、ノバレーゼらしさとは?

お客様も仲間も大切にするところです。

お客様のために努力することは当然ですが、一緒に働くチームメンバーのために何かできることはないかと自然に動けるのがノバレーゼらしさだと感じています。

入社後、上司に「お客様を幸せにするために、まず隣のスタッフを幸せにしよう!」という話を聞いたときに衝撃を受けました。

一番近くで一緒に働くメンバーを大切にできるからこそ、お客様を大切にできていると思います。また、その考え方や在り方が、ひとつの文化として根付いているのは、大きな強みでもあると感じています。

私の初出社日、緊張しながら店舗に向かうと、サプライズでメンバー全員が、盛大なウエルカム(ノバレーゼの文化のひとつで全員で新人を迎えるイベント)をしてくれました。あの時の感動は、いまでも忘れないですし、このチームのために頑張ろうと強く思っています。

入社してから印象的だったことは、横浜モノリスは、1日2組限定の会場で披露宴会場は1つのため、午前中の披露宴が終わった後、すぐに午後の披露宴準備を進めなければならないのですが、その間の時間に新規来館希望のご連絡を頂いたことがありました。

限られた時間と体制の中で行っている為、時間を変更頂くことや、お断りすることもできたと思いますが、「どうすることがベストな選択なのだろうか?」と皆で考えながら、ウェディングプランナーだけでなく、サービスやキッチンメンバーも含め、各セクション同士が協力し合い、急いで会場内覧ができる準備を行いました。

可能な限り、会場の魅力がより伝わるように準備を進めたこともあり、当日、会場見学にお越し頂いた新郎新婦のお二人から、「この会場で結婚式を挙げたいです」とご成約を頂くことができました。

単に上司の指示のもと動くのではなく、最前線でお客様と関わっているメンバー全員が、本質的な考えを貫き、主体的に考え、行動することができるのが、ノバレーゼらしさであり、強みだと感じます。

◆どのような方と一緒に働きたいとお考えでしょうか?

何事にも「本気」で向き合える人と一緒に働きたいと思っています。

それぞれ仕事を進める上で、得意不得意はあるかと思いますが、その中に絶対に譲れないものや情熱、意志を強く持っている方でしたら、ノバレーゼで活躍できると思いますし、一緒に高め合えると思います。

そんな想いをお持ちの方とご一緒できることを楽しみにしていたいと思います。

現在、ノバレーゼ様は、積極的に採用活動中です!
興味をお持ちの方は、下記のURLより、募集内容を確認の上、エントリーをお願い致します!

*募集内容/エントリーフォーム
https://wedding-tuku.com/advertisements/250

◆会社概要
株式会社ノバレーゼ
https://www.novarese.co.jp/

住所
東京都中央区銀座1-8-14 銀座YOMIKOビル4F

設立
2000年11月1日

資本金
1億円(2019年12月31日現在)

売上
2019年12月 159億円

従業員数
1,989名(連結)※パート・アルバイト含む(2020年12月31日現在)

代表者名
代表取締役社長 荻野 洋基

事業内容
ブライダル事業 (婚礼プロデュース部門・婚礼衣裳部門・レストラン部門)