「年末調整」って、何をすることだろう…?

最終更新日: 2020年10月16日

この時期になると、ネットニュース等でも、年末調整という言葉を目にするようになりますが、毎年、皆様も会社から指定の書類を受け取り、期日までに提出をしてきているかと思います。

ただ、そもそも、この年末調整とは何をしているものかお分かりでしょうか…?
自身には、あまり関係ないものとし、ひとつの作業になってしまっていないでしょうか…?

少しでも内容を把握しておくと、税金についての仕組みをより理解できたり、もしかすると還付される可能性もありますので、ぜひ、確認していただければと思います!

年末調整とは、“所得税の精算”を指します。

個人の所得にかかる税金には、2つあります。
それは、「所得税」と「住民税」の2種類です。

所得税は国に、住民税は地方に納める税金で、この所得税の申告・納付に関する手続きが年末調整です。※所得税の所得とは、収入とは別の言葉であり、収入から経費を引いたものが所得となります。

会社員の方は、通常、会社が行う年末調整で所得税の申告および納付が完結しますが、昨今、話題にもなっていますが、副業もされている方は注意が必要です!

もし副業をしている場合、かつ、所得が20万円を超える場合は、年末調整だけでは完結せず、確定申告が必要です。(20万円以下であれば、確定申告は不要)

尚、2020年の年末調整からは、提出書類が変更となっています!
例年、書類の種類や名称変更が続いているので注意していただければと思います。

最後に国税庁のページURLを記載させて頂きます。
ぜひ、参考にご確認いただければと思います。

(参考)国税庁:年末調整がよくわかるページ
https://www.nta.go.jp/users/gensen/nencho/index.htm

HR