ホテルウエディングのブランド立ち上げプロデューサーを経てフリーに
21年のキャリアで、本当に自然体でいられる結婚式のコツを教えます

LIBRA WEDDING(フリーランス) 上野 由賀里さん

笑顔と愛に溢れた空間を創ること、それをライフワークに!
OL生活を辞めて、飛び込んだウエディングプランナーの道

【プランナーになったきっかけ】
プランナーになろうと決めた瞬間は今でもはっきり覚えています。
実は昔、OLをやりながら結婚式場でアルバイトをしていたのですが、その時たくさんの結婚式で、新郎新婦がお開きの時に見せる笑顔や親御さんが花束贈呈の時に見せるなんとも言えない表情、愛に溢れる空間を見て、「この仕事を一生の仕事にしよう」と思いました。
 
そうした時にたくさんの結婚式の進行表を見て、進行表があまり考え込まれていない、プランニングされていないものが多いことに気付いたんです。
 
あんなに素敵な空間をたくさん産む時間なのに、そんなのはおかしい。本格的に勉強してもっといいものを創ろう!と決意し、OLの仕事を辞め、派遣で働きながら夜間の学校に通い、プランナーになりました。

世界各国から来るゲストに、美しい日本を楽しんでもらいたい
日本の文化を3日間かけて堪能する「ディスティネーションウエディング」

【印象に残るプランニング】
今年の春に、京都で3日間をするというウエディングをプロデュース中です。
 
新婦様が日本人、新郎様がスイス人。世界各国からゲストをお招きするにあたり、日本の素晴らしさを見てもらいたいというご意向のもと、場所は京都で。お寺などを使って3日間、日本の文化や食事、日本らしいおもてなしを体験して頂く「ディスティネーションウエディング」を行います。
 
「ディスティネーションウエディング」とは、おふたりにとって結婚式を挙げる意味がある場所を目的地とし、そこに集まって行う結婚式のこと。海外ではよくそういったスタイルも行われていますが、日本ではまだ珍しいですね。現在かなり力を入れて、プランニング中です。

いつもの結婚式より少し尖っているかも。でも変わった結婚式ではない
おふたりが一番自然体でできるコツを教えられるのが、フリープランナー

【フリープランナーの魅力】
多くの方は、一般的な日本の結婚式のスタイル、だいたい2時間半の中でどんな結婚式をするか、で頭を悩ませているのではないかと思います。でも、ほんとはもっと楽しいパーティがあるよ、ということを提案できる、それがフリープランナーです。
 
例えば最近では、国際結婚や海外駐在経験がある方からのご相談も多く、世界視野で「パーティ」を知っている方々からのご相談も増えています。
 
その方々は、例えば4、5時間かけてゲストを自宅に招くように楽しみたい、何も進行はなくていいからダンスをしたり話をしたい、美味しいお酒が飲みたい、DJを入れて賑やかにしたい、など、海外のパーティ文化をそのままに結婚式をしたい。けれども、普通に式場に相談しても制限があってできないことが多いんですよね。
 
私たちフリープランナーなら、おふたりの希望が実現可能な場所探しからオーダーして頂き、プロデュースさせて頂くことができます。制限がないのが強みですね。

ふたりらしく、自然体でできる雰囲気づくりをプロの目線でお手伝い
ひとつのチームとして、おふたりのウエディングを創り上げていきましょう

【カップルの皆様へ】
結婚が決まったら、まず雑誌を買って場所選びから始めている方も多いと思いますが、結婚式は本来、「どこでしようか」よりも「何をしたいか」から考えていくことが自然なことだと思っています。
 
フィーリングの合う、一緒に結婚式を作っていけるチームとしてまずはプランナー選びから入ってもらえたら、よりウエディングを楽しんでもらえると考えています。
 
私は、プランナーとお客様、という立場ではなく、新郎新婦の立場に立った同じチームの一員として、おふたりに寄り添った結婚式創りをさせて頂きます。
プランナーは結婚式を創り上げるチームの指揮者。おふたりのご希望と、それを実現させるプロフェッショナル達とともにチームとして、当日というゴールに向けて楽しく準備をしていきましょう。

フォトレポート   Photo Report

プロフィール   Profile

上野 由賀里さん

静岡の専門式場でプランナーを2年、東京のホテルに転職して16年。その間、ホテルウエディングのハイクラスブランド立ち上げ、及び専属プロデューサーとしてオリジナルプロデュースを多数手掛けたのちフリープランナーとなり5年目。現在はブランドを引き継ぐ形で、LIBRA WEDDINGS 株式会社代表として、活動の幅を広げている。仕事がほとんどをしめていて、オンオフがあまりないライフワーク。休みたいときは、家で猫とひなたぼっこをしたり、カフェでお茶をする時間が至福だそう。精神世界の本が好きで、愛読書は「世界は自分で創る」。お気に入りのアイテムは、iPhone、Mac、長年愛用のトラベラーズノートの手帳、スワロフスキのゴールドの名刺入れ、マルジェラの白いバッグ、黒のフラットシューズ、アンリクイールのお財布、エリザベス・バウアーのイヤリング。イヤリングは花嫁様にも大人気だそう。