大切なことは、お客様の話の理由や背景をしっかり聞いて提案すること
お客様の「潜在欲求」を見出して、最高を超える結婚式へ導きます

ベイサイドパーク迎賓館 千葉みなと 大本 里奈さん

学生時代から続けてきたダンスの経験を活かす仕事がしたい
企業理念に心惹かれたテイクアンドギヴ・ニーズへ

【プランナーになったきっかけ】

ブレイクダンスをしていた兄に憧れて、学生時代ずっとダンスをしていました。みんなで力を合わせてショーや舞台を創り上げることが好きで、それを仕事で役立てられないか?と考えた時、偶然ダンス雑誌でウエディングプランナーという仕事をみつけて、「これだ!」と思ったのがきっかけです。

大学の専攻は応用生物化学科。ウエディングの仕事とは全く違う生物の研究をしていたので、学生時代の学びがそのまま役立てられたわけではありませんが、周囲の人から研究のプロセスが結婚式創りや考え方に活かせると応援してもらったこともあり、企業研究をスタート。当時は結婚式の列席経験もなく、どうやって作っていくのだろうと未知な部分も多かったのですが、就活の時に先輩方から「結婚式は、毎日が文化祭前日みたい」と言われ、「大変」よりも先に「楽しそう」と率直に思ったことが、この仕事が自分に向いていると感じた瞬間でした。

そうしてネットなどでたくさんの式場を調べ、そこで見つけたテイクアンドギヴ・ニーズ(以下、T&G)の「全ての人の“心”を、“人生”を豊かに。」という企業理念に惹かれ、ここで働きたい!と決意。ベイサイドパーク迎賓館(千葉みなと)でプランナーとして働き始めました。

最初は怖いとすら感じた新郎様にも、どんどん突っ込んで話を聞く
そうして見えた「実は…」の想いを形にした、大切なご両親との結婚式

【印象に残るプランニング】

初めにお会いした時はなかなかうまくコミュニケーションがとれなかった新郎様。いろいろ伺っても全然答えていただけず、ご希望もなく、「嫁がやりたいと言うから」とだんまり。ちょっと怖い雰囲気もありましたが、表面上強面に見えてもきっと想いはあるはず、と思いどんどん突っ込んで話をしていくうちに、それまで椅子の背もたれに寄りかかっていた新郎様が前のめりになってくださる瞬間が!

そこからお話を聞いていくと、「実は両親が離婚していて」と。どうやら結婚式に対してテンションが上がらなかった背景には、ご両親への複雑な想いあることがわかりました。

新郎様はずっとお父様と暮らしていましたがお母様とも連絡はとられていて、できれば結婚式にはお母様もお招きしたい。でもなかなかそのことをお父様には言い出せずにいたそうでした。それをお聞きして私は即、「ぜひお母様もお呼びしましょう!」とお伝えしていました。それぞれのお気持ちを汲み何ができるかを考え、お父様に会場見学にお越しいただきチャペルの中でお話をしてみませんかとご提案。新郎様に直接、お母様も招待したいお気持ちを伝えていただきました。チャペルから出てこられた新郎様は「父に話せました」と笑顔に。そして当日は、「挙式と披露宴には参加できない、けどおふたりをお祝いしたい」というお母様の気持ちもあり、挙式本番前にチャペルでお母様とご対面、新郎様からお母様へお手紙を読んでいただき、花束をお渡しする、という時間を作らせていただきました。お母様はそこで帰られる予定でしたが、皆様のお心遣いにより、フラワーシャワーまで参加いただき、晴れ姿を見ていただくこともできました。

式後新郎様からは、「やりたいことが叶ったし、母にも晴れ姿を見せることができてよかった」と嬉しい言葉が。当初は結婚式を挙げるのがどうかも悩まれていたので、お手伝いできたことが本当に嬉しく、当日は感動で涙なしでは見ていられない1日になりました。

私は入社当時、「人の話をちゃんと聞く」ということが苦手でした。どこまで聞いていいのかわからない、どうやって聞いたら相手を不快にさせないのかがわからない、と壁を感じていました。ですがT&Gでは、「お客様の潜在欲求を見出す」ことをとても大事にしています。新人時代、先輩方に何度も何度もロープレを繰り返し行ってもらってその壁を乗り越えたら、今ではお客様のお話を聞くのが楽しくて仕方がないんです。いろんなことが知りたくてたまらない。

最初は心を開いていただけなかった新郎様が、心の深いところをお話くださったことで実現したこの結婚式は、改めておふたりの話をちゃんと聞いて、理由や背景を知ったうえでご提案していくことの重要性を感じさせてくれた一日となりました。

千葉みなと駅より1分。2会場から選べる一軒家完全貸切空間
「お客様のために」を問い続けるスタッフ全員で創り上げるウエディング

【所属会場のおすすめ】

ベイサイドパーク迎賓館には、完全貸切ができる2つの会場があります。プールがありリゾート感溢れる『ヴィクトリアハウス』と、白亜の大階段が印象的な『ホワイトハウス』、雰囲気の違う2つの空間はどちらも、門をくぐったらもう貸切!会場ごとにチャペルとガーデンも備わっているので、パーティの途中にチャペルの大階段でお写真を撮ったりガーデンでゲームをしていただいたり、まさに一軒家完全貸切ならではの時間を過ごしていただくことができます。

そんなここならではの空間はもちろんですが、最も自慢できるところはT&Gの強みである「人」です。

T&Gは一顧客一担当制。初めてのご来館の日から式の当日までひとりのウエディングプランナーが専任となっておふたりの結婚式をサポートさせていただきますが、プランナーだけでなくスタッフ全員がお客様の想いを共有し、最高の結婚式を創ろうと心掛けています。例えばご親族様のお控室におふたりの想いを込めたお花を準備したら、「今までありがとうの気持ちを込めてかすみ草をご用意したそうです」とスタッフからご親族に想いをお伝えしたり、ロビーにいる専属コンシェルジュが大切な瞬間をゲストが見逃さないようロビーやお化粧室までもお声掛けをしたり、ということが自然とできています。

「いい結婚式とは何か」というそもそものところから考え、週末結婚式が終えた後にはスタッフ全員でその日の結婚式について共有しあったり、1店舗にとどまらずT&Gのグループみんなと「こんなに素敵な結婚式がありました」ということを共有したりもしています。プランナーの知識やお客様の潜在欲求に対するアプローチを共有し、より良い結婚式を店舗で選んで発信する社内コンテストも毎月開催。1店舗にとどまらず、全国のT&Gにいるスタッフ全員が競い合いながらも高めあう。「お客様のために」という想いがこんなに強い会場はほかにないと思っています。

おふたりのホームワークからつくり上げる、一生に一度の本気でこだわる一日
想像をはるかに超える結婚式当日を、一緒に迎えましょう!

【カップルの皆様へ】

結婚式に対する想いは人それぞれ。儀式的に行いたいという方もいらっしゃいますが、結婚式は、これまでの道のりや思いを振り返り、当日だけでなくその後の人生をも変えるものだと思っています。結婚式を行うことで家族の絆が深まったり明るくなったりする方も多いので、ぜひそんなお手伝いをさせていただきたいと思っています。

結婚式は、どんな雰囲気に創り上げるかも大事ですが、誰とどうやって創るか、がとても大事。私たちは、担当させていただくお客様にウエディングノートというものをお渡ししております。結婚式をどのように作りあげていくのか、どんなスケジューリングでなにを進めていいのか、全てが詰まったノートです。おふたりが出会ったきっかけや運命の瞬間などを思い出して頂く『ラブマッチアンケート』や、おふたりの好きなことやご家族への思い、大切な方のお名前などを教えていただく『トータルデザインウエディングアンケート』などもございます。お客様にとっては手間のかかる作業だと思いますが、おふたりの結婚式をご提案するためにいかにこれが必要であることをお伝えしているので、「懐かしい!」とたくさん書いていただくことが多いですね。それをもとに、おふたりのことをお聞きしていく、という流れで結婚式を創り上げていきます。

T&Gでは、このようにお客様のこれまでの想い、大切な人たち、これからのご希望をたくさんお聞きして、「最高を超える結婚式をつくる」ためにスタッフ全員が真剣におふたりに向き合っています。「最高を」とは、「おふたりがもともとイメージしていた結婚式を超えること」。お客様から、「想像以上に楽しかった」「もう一回やりたいです!」などと言われる結婚式をもっともっとつくりたい。そう思っています。

私は今年から、ベイサイドパーク迎賓館の『結婚式創りリーダー』を任されました。素晴らしい結婚式をつくるため、自分が中心となってみんなと話し合い、ベイサイドパーク迎賓館はもちろん、全国のT&G店舗でよりいい結婚式がつくれるように、日々共有と発信を続けています。そんな私たちに、ぜひお話をお聞かせください。一生に一度の一日だからこそ、本気でこだわる、熱い気持ちをもつ会場スタッフ一同で、全力でお手伝いいたします。

フォトレポート   Photo Report

所属する会場   Hall Information

千葉みなと / 千葉県全て

千葉みなと駅徒歩1分に佇む壮麗な邸宅を一組で貸切。17年2月チャペルリニューアル! これまでに約3000組以上の花嫁の夢を叶えてきたベイサイドパーク迎賓館。独立型大教会付き邸宅と回廊の美しいプール付き邸宅、そのどちらかをすべて一組で貸切にできるから、演出やアレンジを思い通りに満喫する一日を創りあげよう!

収容人数 : | 予算の目安 : | 挙式スタイル:教会式 / 人前式

プロフィール   Profile

大本 里奈さん

2015年、T&G入社。ベイサイドパーク迎賓館(千葉みなと)でウエディングプランナー3年目。半年で20~25組位のカップルを担当。2017年から『結婚式つくりリーダー』となり、最高の結婚式を創り上げるために、チームをまとめている。ひとりよがりにならず、新郎新婦の話を丁寧に聞き、理由や背景をしっかり知ったうえで提案していくようにすることがこだわり。休日は、家族や友人と外出をしたり、ダンスの練習に行くことが多いそう。クラシックバレエに始まり、高校でチアリーディング、大学でストリートダンスと、ずっと続けているダンスは自分を作ってきたものでもあるので一生続けていきたいとのこと。ダンスがテーマの結婚式ではついのめり込んでしまうこともあるそう。好きなアーティストはポルノグラフィティ。お気に入りのアイテムは、通勤中にも愛用しているヘッドフォンと、初めて担当したお客様からサプライズでプレゼントされたボールペン。嬉しかった気持ちが忘れられず、毎日大事に使っているんだそう。