プロデュースの全国的な先駆け、岡山の【ティアラ】で8年のキャリア
結婚式後の家族の「軸」となる想いを見出し、コンセプトを提案します

ティアラ 小倉 麻衣子さん

人生の大半を過ごす仕事として、結婚式の現場で存在価値を見出したい
中・高・大とぶれずに想い続けた夢を現実に

中学時代、幼馴染のお姉さんが目指していたことをきっかけにプランナーという職業を知りました。
そのお姉さんに憧れを抱いていたこともあり、自分もプランナーになりたいと思うように。
 
当時はネットも普及してなかったので、プランナーとは?を図書館などで調べるうちに、結婚式という場で、笑ったり泣いたり感情を素直に表現しながらも、自分らしさを認められ、存在価値を見出すことのできるこの仕事にどんどん魅了されていきました。
 
その後も夢をあきらめず、高校時代には今の職場である【ティアラ】のプランナーに手紙を出して進路相談をしたりもしました。
進路を決める大学時代に、サービスのアルバイトを経験させていただいたことがきっかけで、【ティアラ】に入社。
現在に至っています。

ふたりの入籍一周年の記念日が、ご両家の二年目の素晴らしいスタートに
「家族の絆」をコンセプトに全ての演出を創り上げた結婚式

入籍一周年の記念日に結婚式を挙げたいと決意されたご夫婦。
ところが大切なご友人のほとんどがその日の出席が叶わないということがわかり、ご親族様のみの会食ウエディングを行うことに。おふたりともすっかり落ち込んでしまい、式自体をキャンセルするかどうかを悩まれていましたが、私としてはせっかく決意された記念日の結婚式をあきらめてほしくないという想いがあり、結婚式のコンセプトを提案。
それは「親族での入籍一年報告会」と、「二年目への良きスタートを親族と迎える日」。そのふたつのコンセプトをお話したところ納得してくださり、前向きに準備を進めて下さるようになりました。
 
当日は、指輪交換の代わりに「入籍一周年の贈り物交換」を行ったり、親族紹介ではご夫婦になってからの一年を振り返り、ご親族とのエピソードをもとにお話するなど、コンセプトに沿う意味を持たせた演出を行いました。
そうしたところ、どこか頼りなかった新郎様が、謝辞でこの一年の感謝と二年目への抱負を力強く述べられ、それを見た新郎様のお父様が息子さんの成長に安堵し、誇らしい表情でおふたりに労いの謝辞をお話しくださって。
その様子を見て、この結婚式がコンセプト通り、ご両家にとって良き二年目のスタートになったと確信することができました。
大切だったのは、結婚式をあきらめようとしたおふたりに、その後の人生につながる結婚式のコンセプトを提案でき、それによりおふたりが結婚式をする意味を強く感じてくださったこと。
 
私がプランニングをするにあたり大切にしていることはまさにそのことなんです。結婚式はゴールではなく、日常生活の中の通過点。結婚式で感じた想いを今後の人生において宝物を扱うように思い出してほしい。いつもそう思っていますが、このおふたりの結婚式を通じてその想いがさらに深くなったなと思います。

後楽園をはじめ、岡山の歴史的な建築物などでの結婚式をご提案
ドレスやフォトなど、プロの専門スタッフもチームとしてサポートします

【ティアラ】は、岡山で1995年からブライダル事業を行っている、全国的に先駆けてブライダルプロデュースをスタートさせた会社です。
後楽園での挙式をはじめ、岡山県を代表する明治期洋風建築の傑作として保存されているレストラン「キューティパイ倶楽部」や、リゾート感溢れるレストラン「アムボエル」でのパーティなど、おふたりにふさわしい様々な場所での結婚式をプロデュースしています。 
 
プランナーをはじめ、ドレススタイリスト、料理人、サービスマン、スタッフ全員が新郎新婦の夢を叶えるため、自由な発想と高いチーム力でサポートをしています。

結婚式は人生の「これまで」と「これから」のちょうど中間地点。おふたりの
「これから」に繋がるコンセプトを創り、色褪せない思い出を創りましょう

結婚式は今、「挙げる」「挙げない」から選べる時代。実際に結婚式を決められたおふたりと話をしても、かなりの葛藤を経ていらした感があります。でも、結婚式の記憶を共通に持つご夫婦の力は強いと、私は思っています。
 
私たちの使命は、結婚式を通じて「さりげなくとも、心に残る色褪せない一瞬」を創る事。大掛かりな演出がなくても、大切な家族やゲストがそこにいて、伝えたい気持ちがあれば、記憶に残る一瞬は生まれます。
 
だからもし、おふたりが結婚式を挙げると決めたなら、たくさんのお話を聞かせて下さい。
どんなにささいなことでも、それがおふたりの「伝えたい気持ち」。さりげないことをヒントにして、おふたりのこれからの人生にとって宝物になるような一瞬を持つ結婚式を、一緒に創らせて頂ければと思います。

フォトレポート   Photo Report

所属する会場   Hall Information

岡山駅 / 岡山県全て

岡山県にて1995年より、ブライダルプロデュースを中心にブライダル事業を展開。 常にお客様の想いの実現のために、自由な発想でハイセンスなウェディングの提案をするということ大切にしている。 後楽園での挙式をはじめ、岡山県を代表する明治期洋風建築の傑作として保存されているレストラン「キューティパイ倶楽部」や、リゾート感溢れるレストラン「アムボエル」でのパーティなど、おふたりにふさわしい様々な場所での結婚式をプロデュース。

収容人数 : | 予算の目安 : | 挙式スタイル:教会式 / 人前式

プロフィール   Profile

小倉 麻衣子さん

2010年、株式会社ティアラ入社。ウエディングプランナーとして、これまでに約270組の結婚式を担当。
岡山のウエディング協議会が開催している【BEST WEDDING OF OKAYAMA 2015】ファイナリストに選出された経歴も持つ。
現在はプランナー業務の他、専門学校でブライダルプロデューサーコースの講師アシスタントも務めている。「新郎新婦のその後の生活に繋がるコンセプト」を提案することを大切にし、あまり作りこまず、シンプルでさりげないながらも心に残るシーンを創る事がこだわり。
 
休日は、猫と日向ぼっこをしたりコーヒーを飲みにいったりとゆったりした時間を過ごし、気持ちのバランスを取ることを意識しているそう。愛読書は、「夢に日付を」。毎日を受動的に過ごすのではなく、自らの決断・努力で着実に歩みを進めたいと感じたとのこと。好きなアーティストは大橋トリオ。
お気に入りのアイテムは「QUOVADIS」の赤い手帳と「agate」の一粒ダイヤのネックレス。気に入ったものは長く使い、このふたつはプランナーデビューした時から愛用しているもので、お守りのようなものなんだそう。