健康診断を受けるのは、社員の義務のひとつ!

最終更新日: 2021年10月29日

日増しに秋が深まり、朝晩は肌寒さを感じることも多くなりましたが、お元気でお過ごしでしょうか?

新型コロナウィルスの影響も少しずつおさまってきており、このまま、これまでの日常生活の時間が戻ることを願いたいですね。

社員の皆さんは、毎年、企業側より健康診断の案内が届き、定期的に受診されているかと思いますが、健康診断を受ける「義務」があることをご存知でしょうか?

企業は従業員に対して、健康診断を受けさせる義務があることを労働安全衛生法により記載されています。

*参考:労働安全衛生法第66条第1項(健康診断)
「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行わなければならない。」

もし、企業側が健康診断受診義務を怠った場合は、労働安全衛生法により、50万円以下の罰金が科される場合があります。(社員の健康診断結果の漏洩についても禁止)

なお、企業だけでなく従業員側にも受診義務があり、就業規則等に定めがあれば、健康診断の受診を拒否する従業員を、懲戒処分の対象とすることも可能となります。

但し、昨今では新型コロナウィルスの流行を受け、健康診断についての柔軟な対応が求められています。随時、厚生労働省よりQ&Aが更新されていますので、参考にご覧頂けますと幸いです。

*参考:新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html

新型コロナウィルスの感染者が減少している期間だからこそ、ブライダル業界全体として、気を緩めずに感染防止策を継続し、各個人での体調管理も徹底することで、会場に足を運んで下さるお客様のことを守っていく必要があると感じております。その中で、定期的な健康診断は、非常に重要な機会ですね。

緊急事態宣言が解除されたこともあり、対面での面接機会もあったり、就・転職活動の方法もまた少しずつですが、変化してきているように感じております。秋冷が日ごとに加わる時季ですので、お身体を大切になさってください。

当社では、日々キャリアに関する相談を承っております。
ブライダル業界の新卒採用活動は、一般的なスケジュールよりも早く進む傾向があり、積極的に活動を進められている企業の23新卒対象求人もお預かりしております!いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

◆キャリアカウンセラーへのご相談はこちらから
https://wedding-tuku.com/career/lp/06#contact-area

HR