ブライダル企業の組織を一枚岩にする「バリュー評価」とは?

最終更新日: 2021年09月10日

労働人口が減少している中、多様な働き方やキャリアの考え方が広がり、各企業が求める人材を確保する難易度が年々高まってきています。優秀な人材を確保する為にも、採用後、社内での育成を推進していく為にも、欠かせないのは独自の人事評価システムです。

昨今、注目されているひとつの評価システムとして、「バリュー評価」があげられます。

「バリュー評価」とは、自社の価値観を落とし込んだ行動規範(バリュー)を日々の業務の中で実践できているかを評価する制度です。

これまでは、ノルマに対する達成度で評価する成果主義や勤続年数や年齢で評価する年功序列制が一般的だったものに対し、バリュー評価に関しては、新しい考え方として注目されています。

バリュー評価を導入することで、企業とメンバーの方向性が合致し、企業の方針に沿った行動と組織力の強化に繋げられることが期待できます。

バリュー評価の導入を進め、先進的に効果を出している企業様の代表例としては、株式会社メルカリ様があげられます。

「失敗を恐れずに大胆にやる」「チームに貢献し大きな成果を目指す」「専門性を高め続け、オーナーシップを持って仕事をする」という3つの行動指針を評価対象としており、仮にどれだけ高い成果を実現したとしても、行動指針に基づいた行動ができていなければ、評価の対象とはならない運用になっています。

制度を変えることは、非常にコストがかかるものですが、外部環境の変化が著しい分、ブライダル業界の中でも、これからの未来を見据えて、今からいかに積極的な準備を出していけるかがポイントになるかと思います。

また、各企業様が制度設計される際の思想は、就職・転職活動を行う上での大切な確認ポイントとなります。これから活動される際は、要チェックポイントとして求人内容をご確認いただけると良いかもしれません。

当社では、隙間時間でも、気軽に面談ができる機会を設けております!
対話を通して、改めて気付けることもあるかと思いますので、是非、有効活用して頂けますと幸いです。

◆wetuku CAREER カジュアル面談への予約はこちらから!
https://timerex.net/s/tiplogcareer_201909/198b2a81
※申込可能枠は、日々変動しますのでご注意くださいませ

HR