そこにいる全ての人が 特別な日として迎える。それが結婚式
人の幸せを想い 心からの「おめでとう」を伝えられる人を増やすお手伝いをします

T&G フリーランス(関東) 中島 亜希さん

舞台演出をするように、ウエディングのステージを表現してみたい
趣味のダンスイベントを通じて繋がったウエディングプランナーとの出逢いが人生の転機に

【プランナーになったきっかけ】
幼い頃から想像力豊かでイメージを形にする事が好きだった私は、ひとつの表現として趣味であるダンスを、大人になっても仲間と振り付けをしながら舞台に立ち感動を分かち合うことを生きがいに感じていました。
 
ある日、ホテルにダンサーとして招待された際にたまたまそのホテルのウエディングプランナーさんと出逢うきっかけがあり、自ら考えた提案や演出が結婚式という形で世の中に残していけることが魅力と感じ、生涯の仕事をウエディングプランナーにする事を決意しました。
 
直感的に「これだ!」と感じたからです。
 
その後、株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(以下T&G)に転職。
アクアガーデン迎賓館沼津、青山迎賓館と約9年のウエディングプランナー経験を経て、現在はフリーランスのウエディングプランナーとして業務委託を受けながら在籍させて頂いております。

ご新郎様を想い お母様とご新婦様から贈られたサプライズ
天国のお父様との心のわだかまりを解かした「新郎父からの謝辞」

【印象に残るプランニング】
お父様が亡くなられていたご新郎様へ、ご新婦様から映像のプレゼントをした結婚式です。
 
ご新郎様は仕事熱心であつく向上心が高く、その分中々結婚式のご準備に力を注ぐことが出来なくて、ほぼご新婦様とのお打ち合わせでした。忙しい日々の中で自分自身を振り返る事のないご新郎様へ少しでも今を大切にして欲しいという想いから、ご新婦様と一緒に秘密の企画。
  
ご披露宴では最後のご挨拶のシーンでご両家様代表として新郎父から謝辞を頂くことが多いのですが、ご新婦様からご新郎様のお母様にご依頼をして頂き、映像制作のご協力をして頂きました。
 
本番は生前のお父様との想い出写真をスクリーンに映し出しながら、親御様の想いをメッセージタイトルとして代弁してもらい、「亡き父からの謝辞」としてご披露しました。
 
ご新婦様から事前に伺っていたことは、新郎お父様は仕事人間だったそうで、中々家に帰ってこないお父様のことを「忙しすぎて母に寂しい思いをさせていた父のようには生きたくない」と、新郎様はあまり良く思っていなかったそうなんです。
 
しかしご新郎様も仕事一筋。最後まできちんと映像をご覧になっていたのかどうかと心配になるくらいとめどなく溢れ出ていた涙は、昔連れて行ってもらった海の写真を見て子供の頃はよく遊んでもらった記憶を思い返したり父と似ている部分もあることに気が付いたり、何よりも周りに感謝の気持ちが溢れたり、きっとさまざまな感情を感じたからだと思います。
 
その後新郎謝辞のシーンで声が出せないご新郎様へ、ゲスト皆様からの自然と発した温かい心からのおめでとうの言葉たちが、今でも深く印象に残っています。
 
T&Gでの結婚式は、人が持つ「心の温度」を敏感に感じながらウエディングを創りあげていく事が提案する際に心がけるポイントの一つですが、今ご紹介したお二人の結婚式は、私がこの仕事をして2年目の時に経験したもの。
 
T&Gが創るウエディングとは、もしかしたらこういう事なのかもしれないと感じた、今でも記憶に残る1日となっています。

スタッフ全員がおふたりの背景や結婚式の事を詳細まで把握して当日を迎える
だからこそできる細やかな気配り、抜群のタイミングには自信があります

【会場の魅力】
T&Gは全国に多くの会場があり、それぞれガーデンや階段など華やかな場所はいくつも用意されていますが、やはり一番の特徴は内面的なところだと思います。
 
こちらは完全貸切なので、例えば当日にお祖母様の体調が悪くなり控室で休んでいたとして、プロフィールDVDにお祖母様へのメッセージが入っていたとしたら、ウエディングプランナーの判断でスタッフがその場でポータブルDVDを持って行ってお見せしたりします。
 
ウェルカムボードの写真を撮っているゲストがいたら、「ご新婦様がお母様と一緒に作ったんですよ」などとストーリーもゲストにお伝えすることができたりとか、余興で歌が終わった後、さりげなくピアニストが繋ぎでその曲を弾いてくれたりとか。
まだまだ細かい事はありますが、本当にそういうところは素晴らしいと思います。
 
ウエディングプランナーの当日の仕事は、お二人とイメージしたウエディングがリアルになっているのかをチェックすることしかできないんです。
形にするのは当日のたくさんのスタッフたち。
ウエディングプランナーは、ご新郎ご新婦様と同じ気持ちになることが多いので、「このタイミングでこんな写真撮ってほしい」「このタイミングでこのBGMが入ってほしい」「あのゲストと話したい」などを細かな部分を感じ取るので、少しでもイメージが違えば即スタッフに伝えます。
 
T&Gのスタッフはそれをこころよく受けいれて何事もスムーズに対応してくれます。
 
特に青山迎賓館はT&Gの中でもスキルが高く想いにあついスタッフが揃っているので、新郎新婦の人柄や結婚式のイメージに合わせて拍手の仕方ひとつも変える事ができます。
 
本当にちょっとした違いなのですが、全くパーティの雰囲気や温度が変わる。本当に魅力なところです。

結婚式とは、幸せの数が増えるもののひとつ。ゲスト全員に幸せを感じてもらえるような心が動くプランニングで、世の中の幸せを増やし続けるお手伝いをします

【カップルの皆様へ】
私たちは、最初のお打合せから結婚式当日まで、長い時間をかけてお二人を担当致します。
 
一番初めにお越し頂いた時のお気持ちから、打合せ途中、当日までのお気持ちの変化を全て感じる事ができるところが、安心して頂けるところではないかと思います。
お二人には、私たちが創る結婚式のスタイルに共感して頂けたら、多くの事をお伺いします。お二人が生まれた時から、どのように成長して生き、なぜ今そのお仕事に就いて、今までどんな出逢いがあったのか。
ヒアリングをしていくと、いつのまにかそれぞれの価値観が見えてきます。もちろんお二人はそれぞれ違う人生を歩んでいますが、ふと価値観の交わるところが見えてくる。その部分が結婚式の大事なポイントになったりするんですよね。
 
お話をお伺いした後、数週間位かけてプロフィール仕立てにした資料をお渡しするのですが、意外とお互い知らないことが多かった事に気付いてくれたり、自分の性格を客観的に言われることもないので、そこで見えた新たな気付きをウエディングのコンセプトにしたりすることも多いです。本当に楽しく貴重な時間です。
 
今ウエディングの形は、入籍を済ませたり海外で二人だけで撮影したりする方々も増えていますが、「結婚式」とは、二人のこれまでの自分を振り返り、どれだけの人に見守られてきたのかを感じ感謝の気持ちを伝え、そしてこれからふたりで何ができるのかを見定める日であると思います。
 
生きている人生の節目となるとても大事な1日だと確信しています。自らが創る「結婚式」という一生に一度のセレモニーを体験する事によって、また違う新たなお二人の共通の価値観が生まれるかもしれません。
 
本当のHappyを感じ、次の世代へ価値あるHappyを繋げていく。是非そんなお手伝いをさせてください。

フォトレポート   Photo Report

所属する会場   Hall Information

/

One Heart Wedding 関東にあるテイクアンドギブ・ニーズ(以下T&G)の会場をご案内できるフリーランスプランナー。T&Gがめざす真のオリジナルウェディング――“One Heart Wedding”。結婚式に参列するすべての方々の“心がひとつになる瞬間”を生み出すことをT&Gが提供する価値と位置づけ、今後もご新郎様、ご新婦様やご列席の皆様にご満足いただける結婚式を作り上げていきます。

収容人数 : | 予算の目安 : | 挙式スタイル:教会式 / 人前式

プロフィール   Profile

中島 亜希さん

2008年T&G入社。アクアガーデン迎賓館沼津、青山迎賓館でのウエディングプランナー経験を経て、現在はフリーランスウエディングプランナーとして業務委託を受けながらT&Gのウエディングをプランニングしている。T&G在籍時代は約280組のカップルを打合せから施行まで担当。お二人と話をして、こんなこと出来たらいいな、と思う事を叶える。余興含む、全ての演出のそこに込められた「幸せでありますように」という想いを伝える結婚式を創ることがこだわり。愛読書は自己啓発本の「シンプルに生きる」。日常の生活に音楽は欠かせなく洋楽は良く聴くBGMのひとつだそう。さまざまなシーンで提案できるように、コンセプト名で曲名を検索して聴いたりもするとのこと。最近海外から戻ってきたばかりで、現地で経験したどんな人とも気さくに会話をしパワーをもらう事を意識して、新しい出逢いやさまざまな人達の空気に触れ刺激をもらいながら、ウエディングの提案に活かしている。